旅の便利グッズ「旅たび」

旅行や出張に便利なトラベルグッズを紹介しています。旅を快適におすすめの旅行用品選びの参考にしてください!

お手軽フック! おすすめのバックハンガー5選

      2016/04/16

 

 お店や野外で荷物を置くとき、荷物置きがなく、直接床におかなければならないときがあります。すごくきれいにしているお店だとしても、特に雨の日は床も濡れていて、床に荷物を置きたくはないですよね。

 

 そんなときにはバックハンガーがあれば大丈夫!

 

 テーブルなどに引っ掛ければ、即席フックが完成します。荷物が多すぎて、荷物入れに入りきらなくても、フックがあれば大丈夫。コンパクトサイズなので、携帯性抜群!旅行はもちろん、オフィスや日常生活でも1つあると便利です。




 

S字フックに!「Prillo (プリッロ)バッグハンガー

 携帯時はカバンにつけて、使うときはS字フックにして使えます。いろいろな角度に曲がるので、引っ掛けるテーブルの厚みがあっても大丈夫!

 

 耐荷重は約5キロ。カラー部分はシリコン樹脂で覆われているので、机に引っ掛けても滑りにくくなっています。カラーは全7種類あるので、カバンに合わせて色を選べますね。

 

 カバンにつけておけるので、どこに入れたか探すことなく、必要な時にすぐ使えて便利です。

 

アマゾンはこちら↓
かばんを引っ掛ける!バックハンガー一覧
 

おしゃれに掛ける!「sceltevie(セルテヴィエ) バックハンガー グラス」

 見た目もかわいいメガネ型のバックハンガー!メガネなのに、5キロまでしっかり吊り下げられます。エラストマーという樹脂でコーティングされているので、すべりにくく、引っ掛けるテーブルなどを傷つけることもありません。

 

 ほかにもスマホを立て掛けてたり、髪の毛にクリップのようにつけたり、ポケットのアクセントにとアクセサリー感覚でもつけられます。

 

 重さは約30gと軽量です。カラーも豊富で、ほかにもギター型やリボン型もあります。おしゃれなカバンには、こんなオシャレなバックハンガーがぴったりですよね。

 

ブレスレットが!「ハンガーブレスレット」

 牛革でできた本格的なブレスレットが、必要なときにはバックハンガーに変身!巻いてつけられるので、カバンにつけてもいいですね。

 

 重さ約16gととっても軽量!しかし耐荷重は約6キロ。華奢に見えますが、しっかり引っ掛けられます。

 

 シンプルなフォルムなので、上品なおしゃれを楽しめます。ワンサイズなので、女性にはちょっと大き目にはなりますが、それもまたかわいらしいですね。




力持ち!「STREAM TRAIL(ストリームトレイル) CLIFF HANGER(クリフハンガー)」

 プラスチックでできているので、おもちゃのような見た目ですが、耐荷重は約10キロと力持ちなバックハンガーです。

 

 持ち運ぶときは、マグネットで合わせてカバンなどにぶら下げて、カラビナのように使うことができます。テーブルに触れる部分が波状になっていて、すべりにくい。

 

 ちょっとゴツめなので、アウトドア系のカバンにつけるとはまります。10キロまでかけられるので、キャンプなどの荷物の多い際にもぴったり。

 

シンプルで最強!「バックハンガー Clipa(クリッパ)」

 見た目は文房具のリングのようですが、耐荷重15キロのパワフルなバックハンガー!

 

 円形の形状なので、テーブルはもちろん、椅子やドアノブ、ポール状のものなどに使うことができます。使わないときは、かばんにつけておけばいいので、すぐに使えて便利。

 

 テーブルなどの接着面部分にはパットがついており、滑り止めとしてだけでなく、表面にも傷をつけない設計になっています。荷物の重くなりがちな旅行にはもちろん、普段から荷物が多い方やビジネスマンにおすすめです。



同じクリッパシリーズに、耐荷重21キロのものもあります!!

 重いものを持ち歩く機会が多い方にはこちらがぴったり。

 お値段は15キロのほうの2倍程度してしまいますが、この軽量コンパクトなサイズで、21キロを吊り下げられるものはそうないので、その価値はありますよ。

 

 

 - バックハンガー